テンション・ノート(仮)


myagishita > テンション・ノート(仮) > カラーモードのイノベーション?


カラーモードのイノベーション?

2018年4月24日

 「え?myagishitaさん、そんなことを言ってきてるの?それは、年下でもIさんの方が立場は上でデザインに責任を持つのはIさんなんだから、Iさんは毅然とmyagishitaさんに指示をしなきゃダメだよ。myagishitaさんは、RGBに慣れていて得意だからそう言ってきているのかもしれないけど、ここは出版社なんだから慣れていなくてもmyagishitaさんが勉強してここのやり方に従うべきだよ。年をとった人は、そういう風に自分のやり慣れたやり方を変えようとしないから、ああいう時代遅れの古臭いセンスのないデザインになって、誰も見ないほ〜むぺ〜じになるんだよ。Iさん、落ち着いて考えてごらん?RGBでもCMYKでも色は一緒だよ?子ども向けのコンテンツなんだから若いIさんのセンスで、タブレット向けだとしてもIさんの使い慣れているCMYKで色を決めて、堂々と指示をすればいいんだよ。」(某課リーダー兼某委員会委員長(ICT関連職、30代半ば)談)
 考えさせられる深〜いお言葉。RGBとCMYKでは表現できる色域が違うと思い込んでいたのですが、いつの間にかそんなイノベーション(?)が起こっていたのですね…。また一つ、若い人に教わりました。「老いては子に従え」ですね。