テンション・ノート(仮)


myagishita > テンション・ノート(仮) > 排除とオシャレ


排除とオシャレ

2019年1月9日

 最近、伺うのをサボっているのでご案内をいただく機会が少なくなったのですが、美大を卒業した経緯があるので、知り合いの作家さんからの展示のご案内をハガキなどでいただくことがあります。
 そういうのを親世代が見た時に口を揃えて言うのが、「こんなの、字が小さすぎて読めないわ〜…」というセリフなんです。わざわざご案内をいただくのは本当に嬉しいのですが、そういう場面に遭遇する度に感じるのは、「視力が悪い人を排除してない?読めない方は来ていただかなくて結構です!みたいな…」ということなんです。
 文字が小さくなる理由は、大きく分けて2つあるのかな?と思ったりしています。一つは、たくさん情報を入れたいこと。もう一つは、文字が小さいと一見オシャレに見えること。前者は仕方ないとして、後者が理由ならすぐにやめたほうがいいと思うの。だから、もう10年以上、俺っちが文字を組む時のテーマは「大きい文字でオシャレに見せるには?」です。俺っちのカードは全世代向けだから、ダサくても、文字はでっかく極太のゴシック体です。
 と言うか、これを読んでくださっている方々も、そろそろ自分自身が「老眼」じゃない?自分の老眼に合わせて文字が大きくなるDMも、自分で読めなくて来てくれた人の前でまごまごするのも、ダサいよ。