テンション・ノート(仮)


myagishita > テンション・ノート(仮) > クマさんも歩けば…?


クマさんも歩けば…?

2019年1月17日

 いつ頃の話か?は記憶にないのですが、アニメーターとして十分なキャリアを積んだ頃の宮崎駿さんだと思うのですが、ある時、公園のベンチに座っていたら、犬が走ってきて、その犬は走る方向に対して体を斜めにして走っているのに気づいて、自分は犬の走り方すら「観察」できていないのだ、と猛省?した、みたいな話にどこかで出会いました。
 多分、アニメーターと呼ばれる職業の人たちって、とても細い線の太さくらいの微妙な差をコマに描き分けて、動きの抑揚だけでその人物とかの感情さえ表現してしまうのだと思います。
 そういう話が気になってしまう俺っちにとって、アニメーションが前提になっていないデザインの(そもそも足が1本だけ…)、クマさんのキャラクターの、解像度が粗い静止画を1枚だけ渡されて、2日後までに歩かせなさい、みたいな仕事ってお引き受けしかねるんです、申し訳ないのですが。異なる時間軸で動いている文字要素とかとの技術的な兼ね合いも解決しなければならないので2週間くらいください、みたいな遠回しな断り方をしたら、他の人がきっちり2日後に仕上げてました…。な、なんとGIFアニメで…。jQueryで動いている文字要素とかとの同期とか完全に無視!「仰る通りに動かしましたよ!」と言わんばかりで、堂々たるものでした…。音楽もそうだけど、時間軸のある表現って「タイミングが命!」みたいなところがあると思うんです。それを、「同期しません!」って…。斬新と言うか開き直りすぎてて…。いくら若気の至りで、処理落ちする「なんちゃってVJ」をやらかしたことがある俺っちでもビビります!
 当たり前なんだけど、そのクマさんが不器用に歩いて見せたところで(おそらく、キチンと同期していたり、優れたアニメーションだったとしても…)、何の変化も効果もありませんでした…。そもそも、そんなことをツイッターでわざわざ「クマさん、かわいーっ!!!」とかつぶやいてくれる人なんていないと思うの…。「歩けば話題になる」みたいな…なんて安直な…。これ、冗談のようで、大のオトナたちがやってた実話なんです!
 まぁ、俺っちはプロとして、やっぱり、相変わらず甘いのかもしれない。こんな面倒くさい俺っちですが、皆さんは見放さないでくださいね!